アユタヤ紀行
タイに行ってきました。3日目にアユタヤ遺跡へ。バンコクから約70キロ、博多~小倉間くらいですかね。日帰り観光しに行きました。交通手段は鉄道で。電車で一本なので、分かりやすいっちゃ分かりやすいです。
始発の国鉄ファランボーン駅
ホテルがあるヘップリーから地下鉄ファランボーンまで。朝は結構通勤ラッシュでした。国鉄ファランボーン駅は地下鉄の駅とほぼリンクしてるので乗り換えもしやすいです。国鉄ファランボーン駅に到着。アユタヤまでの切符を買います、
奥の画面が並んでるとこが窓口
窓口のお姉さんに「アユタヤ」と言えば、発行してくれます。アユタヤまでは15バーツ(約50円)、安い!

8時半に駅に着いて、発車時刻は9時25分。1時間ほどソファでぼーっと待ちます。時間になったのでプラットホームへ。意外にも?時間通りに発車(笑)
車内の窓は下に開きます、風が気持ちいい。発車したはいいが、しょっちゅう停車。しかもディーゼルやからノロい、揺れも昔ながらの車両って感じでたまらないです。
車内は昔の国鉄風
風と揺れで眠くなりながら結局30分遅れでアユタヤに到着(*_*)
案の定トゥクトゥクの押し売りの嵐、、それを避けてとりあえず対岸へ渡る渡し舟に。10バーツ(40円)なり。
対岸に渡ると自転車のレンタルが50バーツ、バイクレンタルが200バーツ。私が選択したのはバイクタクシー、ワットマハタートまで20バーツ。
これにノーヘルニケツ
ワットマハタートの遺跡
有名な根っこに絡まった仏様の顔
そのあとは徒歩3分でワットラートブラナ。修復中。
そのあとは王宮跡。ここは人があまりいなくて良かった。
その後バイクタクシーを見つけて舟乗り場まで交渉、、が、英語全く通じないローカルの人、身振り手振りで説明したけど伝わらず、すると向かいの店の女の子呼んできた、、が、こちらも片言の英語、しかし15分くらい会話してやっと通じました、タイの人達は本当に親切で親身です。
親切だったバイクタクシー乗り場の人達感謝。15バーツで舟乗り場まで。
船着場近くで腹が減ったので屋台でポークライス。

帰りの電車は30分待ちで乗れました。帰りの電車は1時間半で到着、行きは鈍行で帰りは快速だったのかもね、、タイという地と人に触れられて良かった。
スポンサーサイト
[2016/03/01 10:08] | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<マッドマックス | ホーム | 部屋>>
コメント:
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://awakeane.blog.fc2.com/tb.php/336-b3626322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |